DSpace 日本語
 

九州産業大学図書館学術リポジトリ >
6 各センター等発行誌等 >
産業経営研究所 >
産業経営研究所報 >
第36号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11178/1276

Title: ファジィAHPを用いた管理職人事の意思決定
Other Titles: A Decision Making on the Administrative Post Personnel Using Fuzzy AHP
Authors: 川畑, 公久
福田, 馨
KAWABATA, Kimihisa
FUKUDA, Kaoru
カワバタ, キミヒサ
フクダ, カオル
九州産業大学経営学部 / 九州産業大学経営学部
Keywords: 四層分岐型幾何平均ファジィAHP
Mathematica
コンピュータ・プログラム
管理職人事
階層図
一対比較行列
C. I. 総合評価値
λ-ファジィ測度
ファジィ積分 (Choquet 積分)
感度分析
プロジェクト・リーダー
Issue Date: 25-Mar-2004
Publisher: 九州産業大学産業経営研究所
Abstract: 本稿は、管理職人事の意思決定問題を、T. L. Saaty によって提唱されたAHPによって解決したものである。T. L. Saaty のAHPは、二つの方向に拡張される。一つはグループ型AHPであり、他はファジィAHPである。グループによる一対比較行列は、幾何平均を採ることで、通常の一対比較行列に変換される。ファジィAHPは、AHPの「総合評価値」を「ファジィ積分 (Choquet 積分) 値」で代替したものである。我々のアプローチの現実妥当性を検証すべく、広島市におけるK社の無線LANプロジェクトの「プロジェクト・リーダー決定問題」が分析される。数学的には、「四層分岐型幾何平均ファジィAHP」が考察される。さらに、この問題をコンピュータで解くために、我々によって独自に Mathematica 言語によるコンピュータ・プログラムが開発される。分析の結果は、一対比較行列に関してC. I. 値も相当に低く、満足のいく整合性を示した。その結果、特定の候補者が他を圧倒して選出された。λ-ファジィ測度におけるλに関する総合評価値の感度分析も、安定的な応答を示した。換言すれば、同一候補者がλ値の全域にわたり、他を圧倒して選出された。
This paper solved the decision making problem of the administrative post personnel by AHP proposed by T. L. Saaty. AHP is expanded in two directions. One is group-type AHP, and the other is fuzzy AHP. A pairwise comparison matrix by the group is changed into the usual pairwise comparison matrix by employing geometric mean. Fuzzy AHP is the algorithm which replaces "the synthetic evaluation value" of AHP with "the fuzzy integral (Choquet integral) value". The "project leader decision problem" of the wireless LAN project of the K company in Hiroshima City is analyzed to verify the actual applicability of our approach. "4-layer, branch-type, geometric mean, fuzzy AHP" is considered mathematically. Furthermore, a computer program by the Mathematica language is newly developed by us to solve these problems with the computer. C. I.-value was considerably low in regard to the pairwise comparison matrix and the consistency index was satisfactory. A specific candidate overwhelmed others, and he was selected as the project leader as a result. The sensitivity analysis of the synthetic evaluation value in regard to the λ-value showed a stable response. In other words, the same candidate was overwhelmingly selected throughout the whole domain of the λ-value.
URI: http://hdl.handle.net/11178/1276
Appears in Collections:第36号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00004249829.pdf978.37 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! Contact to Kyushu Sangyo University Library Institutional Repository
3-1 2-chome Matsukadai Higashi-ku Fukuoka-shi 813-8503,JAPAN.
Phone: (092)-673-5863
Kyushu Sangyo University Library Institutional Repository Staff