DSpace 日本語
 

九州産業大学図書館学術リポジトリ >
1 学部紀要 >
経営学部 >
九州産業大学経営学論集 >
第14巻第4号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11178/2066

Title: 日本における非正規労働者の現状と諸問題
Other Titles: The Present Situations and Some problems of Contingent Workers in Japan
Authors: 安, 熙卓
Ahn, Hee-Tak
九州産業大学経営学部
Issue Date: 18-Mar-2004
Publisher: 九州産業大学経営学会
Abstract: 近年, 日本ではパートタイム・アルバイトや派遣労働者を中心とした非正規労働者の増加が著しい。その背景には國際競争の激化, サービス経済化が進展する中で, 需要側と供給側のニーズによるものが大きい。すなわち, 人件費削減や景気変動に応じて雇用量を調整していこうという企業側のニーズと労働者の就業意識, 転職意識の変化など働く側のニーズの一致を挙げることができる。また, 最近においては, 非正規労働者の仕事の内容と質が正規労働者と変わらない非正規労働者の基幹化現象も現れている。それにもかかわらず, 非正規労働という雇用形態のため正規労働者に比べ, 賃金水準が低いなどさまざまな問題が提起されている。本稿では, 非正規労働者の増加要因と非正規労働者, とりわけパートタイム労働者と派遣労働者の実態を最近の調査データを用いて究明した。
URI: http://hdl.handle.net/11178/2066
Appears in Collections:第14巻第4号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00004251254.pdf1.04 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! Contact to Kyushu Sangyo University Library Institutional Repository
3-1 2-chome Matsukadai Higashi-ku Fukuoka-shi 813-8503,JAPAN.
Phone: (092)-673-5863
Kyushu Sangyo University Library Institutional Repository Staff